修理・張替え事例

TEL:0925548700 お問い合わせ

修理・張替え事例

ウイリアムモリスのハニーサックルの生地で張替え致しました。

綺麗な花柄の生地が椅子を華やかにしていてとても

清楚な椅子に仕上がりました。

カッシーナインターデコール社のベランダソファの張替えをさせて頂きました。
ペット対策にはとても人気のある生地 ラムースで。グリーン系の色で

落ち着いた雰囲気になりました。

 

 

オランダ製の革張りソファの張替えを致しました。

ご家族でとても思い出もあり今後も大切にご使用されたいという事で

ソファの張替えをさせて頂きました。 本来も牛革でしたので 同じく

牛革でのご要望でしたので革での張替えです。

 

 

 

こちらはマルニ社のダイニングチェアです。

座面を合皮にて張替え致しました。 グリーン系からブルー系に

 

合皮にて座面の張替えをさせて頂きました。

木部はしっかりしていましたので座面のみの修理です。

雰囲気を変えて色合いも落ち着いたブルー系で。

インターデコール社のDCチェアの張替えのご用命です。

2種類の椅子の張替えでそれぞれ異なった仕様の張り替えですが

同じく本来の形に戻して張替え致しました。

また生地はラムースで張替え致しましたので 引っ掻きにも強く

ペットを飼っていらっしゃるご家庭でも安心してご使用いただけます。

長らくご使用のダイニングテーブルの塗り替えのご依頼です。

ウレタン塗装の劣化による塗装が剥がれていましたので 一度研摩のちに

剥離して新しく塗装することで綺麗に甦りました。

綺麗なフォルムデザインの椅子の張替えをさせて頂きました。

本来は特殊なウエビング加工を施したクッション部分でしたが

今回はフラットでのご了承の上の張替えで、色合いもホワイト系で

しっくり馴染んでくれる雰囲気になりました。

B&B italia CHARLES のソファのカバー部分の張替えをさせて頂きました。

美しいデザインとスマートなフォルムのこちらのソファをお客様と生地選びをさせて

頂き、今回グリーンの生地で製作させて頂きました。

背もたれのクッションも合わせての御用命です。

 

 

「この椅子に座ると大好きなお爺ちゃんのにおいがするんです。是非甦って欲しい」
とのお孫さんからのご依頼でした。
正直、傷みがかなりひどかったのですが、①構造的に手を加え堅牢にしました。②木部を
再塗装しましたが、出来る限り当事のおもかげを残しピカピカにしないように心がけしました。
③内部のウレタンも入替、ウエビングテープも新規に取り替えましたので座り心地がバツグン
良くなりました④新規の布で張替えました。予算もかなりになりましたので当社の在庫品を
リーズナブルな価格でお譲りしました。
こんな訳でりっぱに甦りましたので、今から何十年もお孫さんが引き継いでいただけることでしょう。
仕事冥利に尽きます。

ピアノの椅子の木部の塗装と座面の張替えのご用命です。

アップダウンタイプのこちらの椅子はピアノ椅子としてはよく

ご家庭にあるのでは? 私の実家にもありますね、確かに!!

 

以前おばあさまが嫁入り道具に購入されたという桐箪笥の洗い修正のご用命を頂きました。

市内で薬局をされていらしたご実家の解体工事の為室内の整理をされていらしたときに

箪笥を見付け自分の代で処分するのはいけないのではと綺麗に再生するのであれば

お嬢様にいずれお渡ししようと今回O様よりご相談頂きました。

お預かりの際に伺うとやはりご使用されていない分木部の老朽そして痛みがかなりすすんでおりました。

一旦全て洗い老朽化下木材は全て新しくして見後に甦りました。

 

長年愛用されていらっしゃるとても可愛らしい木の椅子のグラツキの修理と張替えのご用命です。

杉材だと思いますが当初は日本の椅子だろうと思ってお預かりしてみると布地の裏にデンマーク製の印が

書いてありました。 シンプルでとても愛らしいフォルムで今回はK様から

シンプルな生地での張替えご用命でしたので リバコ社のNCシリーズでの張り替えに致しました。

以前 デンマークに行った際に見つけたパーソナルソファ。

無名ブランドだけど綺麗なディティールに惹かれ 何脚か仕入れした椅子なので思い出もあります。

そんな椅子を以前購入頂いたM様からのご依頼で張り替えのご用命を頂きました。

今回は国内の生地で色合いもブルーに変えて♪

 

コスガ社で当時人気のありましたPERDUEシリーズのダイニングチェアの張り替えです。

チェリー色の家具で爽やかな南仏、プロバンスを意識デザインされた

当時大人気のシリーズで今回お預かりさせて頂いたときに思わず懐かしい椅子です♪

とお話いたしました。

 

元々合皮で張られていましたピアノのスツールの張替えです。

同じく同じお色でのご要望でしたので

明るい白の合皮にて張替えを致しました。

クラシカルなダイニングチェアーの座面籐張りが、ご覧のように破れてしまいました。

座り心地も良くしたいとのご希望でしたから、座面の籐を取り外し、合板で下地を作り

しかも合板の真ん中に穴を空けウエビングテープで底つき感を緩和させました。
ご希望の合皮のレッドで仕上りです。

背もたれはとても綺麗に籐張りが現存していましたのでそのまま

座面はクッション材も痛んでおり膨らみも無くなっていました。

改めて座面のクッション材も取替えて同じような雰囲気に

戻したいというリクエストでしたので 同じような

色での張替えとなりました。

 

回転式のダイニングチェアの張り替えです。

座り心地が良いので、痛んだクッションと合皮の張り替えをとのご要望で。

4脚ありますが普段ご使用なので 2脚ずつのお持込で。

長らくご使用のデスクチェアの再生です。

背もたれが本来、籐の背もたれになっており、

長年のご使用で籐の部分が擦り切れてしまい

今回は籐ではなく、座面と同じ仕様で布張りにて張替えを致しました。

 

マルニ社製 アンドリューの1P+3Psofaの

張替えのご用命を頂きました。長年ご使用で座る部分もへたってしまい

クッションも痛んでおりました。

 

コストは掛かりますが塗装を施すとこんなに生まれ変わります。

このグレードの椅子を新規に購入しますと4万以上はします。

国産のしっかりした椅子をお求めになれば更に10年以上ご使用いただけます。
最近やっと日本も使い捨てから愛着のある家具を大事に使っていただける方が増えてきました。

嬉しい限りです。
 

 

ドレッサースツールの張替えをご依頼頂いたS様からの同じく

張替えのご用命です。

布地から合皮に変更致しました。

長らくご使用で座面のクッション材も無くなってしまい

座り心地が悪くなっていました。生地も痛んできましたので

今回張替えのご依頼を頂きました。

 

一世風靡したマルニのベルサイユシリーズのダイニングチェアです。

ハイバックでネコ脚のフォルムは20~30年前に非常に人気があり

憧れのダイニングセットでした。 美しいプロポーションと

座り心地が良いので買い替えするよりは長くまた愛用したいとのご依頼で

お預かり張替えをさせて頂きました。

 

 

奥様のご先祖様から代々受け継がれてこられた桐の箪笥。

時代と共にその価値と引き継がれるご家庭の事情、

さまざまのご事情で已む無くご処分されていらっしゃるケースも

少なくありません。

しかし、本来日本の家具はこうやって受け継ぐ風情があり

趣きと美学、継承という素晴らしい文化を兼ね備えた民族だと感じております。

そんな貴重なご依頼をお受けさせて頂き有り難く感謝しております。

 

 

長く愛用してこられたダイニングテーブルの天板の塗り替えと椅子の張替え をさせて頂きました。 ウレタン塗装は長くご使用していく間に塗装が傷んでしまい 特によくあるお話ですが、新聞紙がくっついてしまう!! そんなご経験ございませんか? 塗膜の劣化です。

マルニのロングベストセラーであります「ベルサイユダイニングテーブルと椅子」の
リフォームです。
天板・脚の再塗装も見事に再生でき甦りました。
天板は光沢のある塗装で脚は艶を消しての仕上にしました。

コスト的には費用がかかってしまいますが塗装を施すとこんなにまで甦ってしまいます。

このグレードの椅子を新規に購入しますと4万以上はします。
国産のしっかりした椅子をお求めになれば更に10年以上ご使用いただけます。
最近やっと日本も使い捨てから愛着のある家具を大事に使っていただける方が増えてきました。
嬉しい限りです。
もともと日本人はモノを大切に使う国民性です、何時の時代から使い捨ての文化が生じたのでしょう。
ゴミになるような家具のご購入は考え物ですね。

イタリアの名門ポルトローナフラウ社のレザーチェアのクリーニングと

肘掛がデスクにあたり、擦れて穴が空いている箇所の修理のご依頼を

承りました。 質感、素材、仕上がりが良く高級な椅子ですので

手を加えることにより再度復元修理をする事が出来ました。

お客様との信頼とニーズがあるからこそ出来たお仕事だと感じております。

1 / 41234
お問い合わせはこちら 交通アクセス

福岡の家具修理倶楽部
<有限会社 ユーハウス・イング>
〒815-0037 福岡県福岡市南区玉川町5-6
TEL:092-554-8700 FAX:092-554-9900