修理・張替え事例

TEL:0925548700 お問い合わせ

修理・張替え事例

長く愛用してこられたダイニングテーブルの天板の塗り替えと椅子の張替え をさせて頂きました。 ウレタン塗装は長くご使用していく間に塗装が傷んでしまい 特によくあるお話ですが、新聞紙がくっついてしまう!! そんなご経験ございませんか? 塗膜の劣化です。

マルニのロングベストセラーであります「ベルサイユダイニングテーブルと椅子」の
リフォームです。
天板・脚の再塗装も見事に再生でき甦りました。
天板は光沢のある塗装で脚は艶を消しての仕上にしました。

コスト的には費用がかかってしまいますが塗装を施すとこんなにまで甦ってしまいます。

このグレードの椅子を新規に購入しますと4万以上はします。
国産のしっかりした椅子をお求めになれば更に10年以上ご使用いただけます。
最近やっと日本も使い捨てから愛着のある家具を大事に使っていただける方が増えてきました。
嬉しい限りです。
もともと日本人はモノを大切に使う国民性です、何時の時代から使い捨ての文化が生じたのでしょう。
ゴミになるような家具のご購入は考え物ですね。

イタリアの名門ポルトローナフラウ社のレザーチェアのクリーニングと

肘掛がデスクにあたり、擦れて穴が空いている箇所の修理のご依頼を

承りました。 質感、素材、仕上がりが良く高級な椅子ですので

手を加えることにより再度復元修理をする事が出来ました。

お客様との信頼とニーズがあるからこそ出来たお仕事だと感じております。

ムーブメントチェアで人気の椅子ヴァリエール社のアクチュラムチェアです。

背もたれと座面の張替を致しました。

奥様の婚礼でお持ちになった桐箪笥 とても綺麗になりましたので喜んで頂きました。

昔の桐は国産ですので柾目がとても綺麗です。

飾り棚と文机は一部珍しいレザーの型押し。

恐らく京都の指物士の作品かと。桐の部分の洗いと全体の清掃を施しました。

先代から受け継がれまた新たに生まれ変わり再生する家具。

日本ならではの文化ではないでしょうか。

箪笥という家具は物をしまうということだけではなく衣類を守るという意味もあります。

桐という木が使われたのも実は防虫はもちろん桐特有の膨張=密閉度

火事から衣類を守る。そして軽いという理にかなった家具です。

 

 

 

シンプルなデザイン、デンマークの椅子の張替えを致しました。
背と座面と合成皮革での張替えです。

フォルムが可愛らしいデザインの1PSOFAの張替えです。
IDEEさんのパーソナルSOFAでお客様のイメージがお手持ちスリッパのような
風合いで優しいお色でとのリクエストでしたので
優しい雰囲気の生地での張り替えとなりました。

30年以上ご使用のソファ の張替えを致しました。
メーカー マルニさんのアンドリューの前期タイプです。
ロココ調のネコ脚フォルムのデザインでとても美しいソファです。

浜本工芸の食堂椅子の張替えです。
オリーブ色の張り地からアクアグリーン色のフェイクレザーへの
張替えのご依頼です。

 

フェイクレザーの総張りの食堂椅子です。
表面が剥がれてしまい張替えのご用命を頂きました。

座面の革が傷んでいましたので今回は合皮にて張替えしました。
クッション部分が本体の木枠よりも大きく作られたデザインでしたので
型崩れしにくいようにウレタン交換もしました。

メーカー モリシゲさんの食堂椅子の張替えです。
長年ご使用の為、布地がすり切れてクッションも傷んでいましたので
クッションも入れ替えました。
今回のご要望は合皮でしたのでスッキリした印象に生まれ変わりました。

 

鳥取家具の食堂椅子。

お母様の代よりお使いの家具で、木部のガタつきや塗装はがれ、座面の劣化があるためトータルでリペアとなりました。

A様、山口よりはるばるお持込頂きました。

これで、また何年もお使い頂けます。

 

革のツヤものって雰囲気も素敵な食堂椅子。

特に座面の革の乾燥劣化によりヒビが目立つため全体の張替えをご依頼頂きました。

革は時折、革用保湿クリームを塗布すると、状態良く保てます。

 

形が気に入ってお使いの、ユーズドのラウンジチェアのレザー劣化が目立ってきたため、ご相談頂きました。

レザーから布に張り変えることで、また違った印象の椅子に再生出来ました。

座枠に掛けて張ってある革ベルトの劣化が進み切れてしまったため、座面自体を仕様変更にてご提案。

座枠へ新規で製作したレザーの座面クッションをはめ込む仕様に変更しました。

置いている場所の日当たりのため、一部分(よく日が当たる箇所)の色が飛んで抜けてしまったとのご相談。

元の色に近い色に調色しながら染色し、塗装を施しました。

 

長年使われたテーブルの塗装のムラや色あせが目立ってきたので、天板面を綺麗に出来ないかとのご相談。

全体の塗装を剥がさずに研摩を施し、色が剥がれている箇所に染色をして塗装で仕上げています。

色味が元より深く仕上がるのが特徴です。

全体的にクッションのヘタリと生地の伸びにより、よれが見受けられました。

座面を中心に、クッション材の補填を行い、今回レザーにて仕上げたことにより重厚さが出ました。

椅子の座面の汚れが目立ってきたため、張替えをご希望。

近い張り地にて、雰囲気をそのままに仕上げました。

コンパクトで使い慣れたドレッサースツール。

座面の生地が薄れて破れてきたため、張替えのご相談を頂きました。

前回と異なる色味にする事で、雰囲気が少し軽やかになりました。

クッション材も補填しています。

全体的な張り地のくすみ、及び座面の落ち込み・割れがありましたが、新たに張り地の色を明るめにし、座の中のウェビングテープを張り直すことで椅子全体のメリハリが出ました。

生地が破れてきたタイミングで張替えのご相談を頂きました。

前回と違ったお色味の生地を選んで頂き、雰囲気が新たになりました。

傷んでいた座裏の隅木の補強も行い、また何年もお使い頂けます。

ホームーページをご覧頂き、お問合せのK様。

長年使用した椅子の座面が傷んできたので・・・とご相談頂き、今回は現状より鮮やかなめなグリーンを選んで頂きました。

張り地の鮮やかさと木部をオイルにて磨き上げを行いましたので、相まって椅子全体が明るく仕上がりました。

 

モダニカ社製のソファの張替のご用命です。 本来もNCシリーズの生地を張られておりましたが
長年のご使用で色合いが日落ちしてしまいもう少しお部屋に馴染む色のトーンでとのご用命でした。

当社には国内国外の生地もご用意可能ですのでお気軽にサンプルをご用意させて頂きます。

今回座面のクッション材の入替及び布地の張替えのご依頼です。

白色の布地からイメージを変えて落ち着いたブラウンベージュ系で。。。。

恐らくご使用から数十年。メーカー『MARUNI』にと
記載がありますが今まで出会ったことのないロゴシールです。
永らくご使用の椅子も再度息吹を。。。

 

Knoll社製のアームチェアです。

こちらのタイプ ミース・ファン・デル・ローエ 1930年

デザインのシリーズチューゲンハットチェアです。

E様がユーズドにてお買い求めになられ、生地の張替えと

1929年代モデルの座面を薄くしたデザインにして欲しい!!

とのご依頼でした。

 

 

1 / 3123
お問い合わせはこちら 交通アクセス

福岡の家具修理倶楽部
<有限会社 ユーハウス・イング>
〒815-0037 福岡県福岡市南区玉川町5-6
TEL:092-554-8700 FAX:092-554-9900