椅子

TEL:0925548700 お問い合わせ

椅子

椅子

大切に使っているドレッサーのそろいのスツールの背・座の張替えとフレーム部分の再塗装です。座の中身のクッションも交換しました。ドレッサーのぴったり入るデザインで座る高さも丁度いいので、張替えして永く使っていただくのがおすすめです。フレームの塗装のはがれや小さな傷なども目立たなくなりました。

おじい様から譲りうけた椅子の張替えのご依頼です。中の材料は作られた当時のまま、何回かの張替えを経ています。極力手を加えず仕上げました。張地の色もずっと青色、この椅子のイメージどおりに新しくなりました。職人さんも懐かしい!と喜んでいます。

以前テーブルなどをお買い上げ頂いておりますN様よりご実家のご両親様の椅子が古くなっているので

背もたれの籐の張替えと座面の布地の張替えのご用命を頂きました。

ご家族の思い出のあるダイニングチェアの修理のご用命を頂きました。座面の張り替えと木部のノリ切れによる接着面の

ハズレ修理とぐらつき、木部の折れたところの修復ととても永くご使用になられて修理が必要になりました。

数十年前に東京の某百貨店でご購入されたチーク材の北欧ダイニングチェアの張替えをさせて頂きました。永年ご使用の為革自体もひび割れ

ができておりクッション材もへたっておりました。今回ダイニングに似合う張地を!!とのご要望でしたので布地でリフレッシュさせていただきました。

ご両親様からの譲り受けられた彫刻の椅子の張替えをさせて頂きました。背もたれの見事な彫刻に負けないように

出来る限り存在感のある生地で張った方が良いと思い凹凸のある生地にて張り替えさせて頂きました。

座面の前側が擦れてしまい、合成皮革がボロボロと剥がれてしまっていました。ビニールレザーも商品によっては

非常に弱い質感もあり特に海外製品の生地は耐久性があまり期待できません。

今回は気分も一掃したいことと肌触りを楽しめるよう柔らかい布地を今回お選び頂きました。

 

 

アメリカ製のダイニングチェアの張替えのご用命を頂きました。あまりお部屋の雰囲気を変えず痛んでしまった生地を張替え

してリフレッシュをされたいとの事で背もたれ及び座面の張替え及び木部のクリーニングをさせて頂きました。

 

 

永年ご使用のマルニ木工の食堂椅子の張り替えをさせて頂きました。座面の縁をパイピングと呼ばれる
(二つ折りにした布を縫い合わせて、装飾することです。)
加工で仕上げていましたので、現状と同じようにパイピング仕様にて修理させて頂きました。

会議室でご使用されてきた事務椅子の張替えをさせて頂きました。ご使用年数40年近くだそうで年期が入っておりました。

ホームページからお問合せいただいたダイニングチェアの背と座の張替えです。

座の汚れとへたりが目立っていましたが、背も座もクッションを入れ替え全体的に張りが戻りました。

長年のご使用で籐が傷んでしまい破れてしまったので今回は張替えをしました。見事に背もたれ部分も甦ります。

3 / 3123
お問い合わせはこちら 交通アクセス

福岡の家具修理倶楽部
<有限会社 ユーハウス・イング>
〒815-0037 福岡県福岡市南区玉川町5-6
TEL:092-554-8700 FAX:092-554-9900