修理・張替え事例

TEL:0925548700 お問い合わせ

修理・張替え事例

鳥取家具の食堂椅子。

お母様の代よりお使いの家具で、木部のガタつきや塗装はがれ、座面の劣化があるためトータルでリペアとなりました。

A様、山口よりはるばるお持込頂きました。

これで、また何年もお使い頂けます。

 

革のツヤものって雰囲気も素敵な食堂椅子。

特に座面の革の乾燥劣化によりヒビが目立つため全体の張替えをご依頼頂きました。

革は時折、革用保湿クリームを塗布すると、状態良く保てます。

 

形が気に入ってお使いの、ユーズドのラウンジチェアのレザー劣化が目立ってきたため、ご相談頂きました。

レザーから布に張り変えることで、また違った印象の椅子に再生出来ました。

座枠に掛けて張ってある革ベルトの劣化が進み切れてしまったため、座面自体を仕様変更にてご提案。

座枠へ新規で製作したレザーの座面クッションをはめ込む仕様に変更しました。

置いている場所の日当たりのため、一部分(よく日が当たる箇所)の色が飛んで抜けてしまったとのご相談。

元の色に近い色に調色しながら染色し、塗装を施しました。

 

長年使われたテーブルの塗装のムラや色あせが目立ってきたので、天板面を綺麗に出来ないかとのご相談。

全体の塗装を剥がさずに研摩を施し、色が剥がれている箇所に染色をして塗装で仕上げています。

色味が元より深く仕上がるのが特徴です。

全体的にクッションのヘタリと生地の伸びにより、よれが見受けられました。

座面を中心に、クッション材の補填を行い、今回レザーにて仕上げたことにより重厚さが出ました。

椅子の座面の汚れが目立ってきたため、張替えをご希望。

近い張り地にて、雰囲気をそのままに仕上げました。

コンパクトで使い慣れたドレッサースツール。

座面の生地が薄れて破れてきたため、張替えのご相談を頂きました。

前回と異なる色味にする事で、雰囲気が少し軽やかになりました。

クッション材も補填しています。

全体的な張り地のくすみ、及び座面の落ち込み・割れがありましたが、新たに張り地の色を明るめにし、座の中のウェビングテープを張り直すことで椅子全体のメリハリが出ました。

生地が破れてきたタイミングで張替えのご相談を頂きました。

前回と違ったお色味の生地を選んで頂き、雰囲気が新たになりました。

傷んでいた座裏の隅木の補強も行い、また何年もお使い頂けます。

ホームーページをご覧頂き、お問合せのK様。

長年使用した椅子の座面が傷んできたので・・・とご相談頂き、今回は現状より鮮やかなめなグリーンを選んで頂きました。

張り地の鮮やかさと木部をオイルにて磨き上げを行いましたので、相まって椅子全体が明るく仕上がりました。

 

モダニカ社製のソファの張替のご用命です。 本来もNCシリーズの生地を張られておりましたが
長年のご使用で色合いが日落ちしてしまいもう少しお部屋に馴染む色のトーンでとのご用命でした。

当社には国内国外の生地もご用意可能ですのでお気軽にサンプルをご用意させて頂きます。

今回座面のクッション材の入替及び布地の張替えのご依頼です。

白色の布地からイメージを変えて落ち着いたブラウンベージュ系で。。。。

恐らくご使用から数十年。メーカー『MARUNI』にと
記載がありますが今まで出会ったことのないロゴシールです。
永らくご使用の椅子も再度息吹を。。。

 

Knoll社製のアームチェアです。

こちらのタイプ ミース・ファン・デル・ローエ 1930年

デザインのシリーズチューゲンハットチェアです。

E様がユーズドにてお買い求めになられ、生地の張替えと

1929年代モデルの座面を薄くしたデザインにして欲しい!!

とのご依頼でした。

 

 

以前もこちらのタイプの椅子の張り替えをさせて頂きました、

ナガノインテリアさんの椅子です。 前回お届け事例を見られた

W様が我が家の椅子と同じ!!との事でHPをご覧頂き

張替えのご用命を頂きました。

 

パーソナルチェア。 海外製のボリュームある椅子です。

存在感ありますね。牛革の劣化により破れていましたので新しく

リフレッシュしています。 見た目はオイルレザーみたいですが

価格を抑えた合成皮革です。

 

 

無地のファブリックで白系の色合いは少しずつ汚れが目立ってきてしまいます。

今回は布地からビニールレザーに変更してクッション材も新規に

入れ替えました。

 

張地の擦れや破れが目立つ点、キャスター付の金属脚が根元より一部折れてしまった点でのご相談でした。

金属脚部分はパーツの紛失などが伴っていませんでしたので、溶接のみで完全に修復致しました。

張替えを機に、張地に少し色味を加えると見た感じがスッキリと軽やかな印象になりました。

置く部屋の雰囲気も変わるかと思います。

大ぶりな椅子は生地選びも大事なポイントです。

革張りの食堂椅子。木部フレームがしっかりとしています。

某有名家具メーカーの椅子です。

作りがしっかりとしている椅子は、磨耗していくクッション部分を張替える事で、繰り返し何年もお使い頂けるのです。

 

生前、お母様がお使いだった桐箪笥。

ご自身はお母様より、譲り受けた箪笥を既にお持ちで、お嬢様へ持たせたいとのご意向で今回ご相談を頂きました。

引き手や背板、底板の割れなどを修復すれば十分お使い頂ける状態でした。

年月を重ねた重厚さに、細部の修復と金具の磨き、木部の染色などを施し、リフレッシュ致しました。

引き手、鍵などは磨くことで立派に再生されます。

極力元の部材を生かし、今後使っていく上で必要な修復のみ加えるのが桐箪笥再生の醍醐味です。

お嬢様にまた何十年と大事に使って頂けることと思います。

 

海外製のアンティークのラウンジチェアの革が傷んでしまいひび割れから破れに変っていましたので

今回全て新しく張替えをさせて頂くことになりました。 本革ではなく合皮ではありますが

雰囲気を変えず印象残る仕上がりとなり喜んで頂きました。

 

 

生前にお父様が仕事用のデスクチェアとしてお使いだったパーソナルチェア。布張りの生地が、湿気を吸ってしまったため、長年使われる事がなかったとの事。布をレザーに張り替えて使っていける椅子として甦れば・・・とのご相談でした。

布と違いレザーが曲線にうまく張り込むのが困難でしたが、仕上がってみると風合いが変り、レザーならではの重厚さが加わりました。

形状を気に入ってお使いのソファ。

張地の色をベージュから真っ白に変えたいと検討されていたところ当社のホームページからの

ご相談を頂きました。

現状のボリュームをより明確にするために、若干張り込み方の縫製を変更し、ウレタン補填して「ふっくら」と

した仕上がりになりました。モダンなリビングにぴったりに甦りました。

背もたれは特に傷んでいないので座面のみ張替えをとことで

今回座面のみ張替えをさせて頂きました。

出来るだけ現状の生地と合わせて色を選びましたので

違和感なく張替えする事ができました。

 

長らくご使用のチーク材のフレームの食堂椅子の座面の張替えをさせて頂きました。
座の手前がどうしても擦れてしまい生地が破れていましたので
今回ウレタンも合わせて交換しました。

「本革ソファのシワや汚れが目立つので、綺麗になりませんか?」というご相談を頂きました。

本革ソファは破れがない状態の場合、張替えをしなくても、汚れを取り除き、革が薄れている箇所はパテのような物で埋めて回復出来る補修もございます。

フレーム、クッション全体的にへたりや傷みが少なかったため、レタッチする方法にて綺麗に甦りました。

また、フェザークッションが使ってある場合、中身の取り外しが可能であれば、晴れた日に陰干ししておくだけでもふっくらとフェザーが回復します。

 

 

お引越しの際にいろいろな家具を処分されてきた中で、このオットマンは使い勝手も形もよく、大切に使い続けてこられました。長年の使用で、張地の破れ、中材の劣化とともに裏側の布の破れや内部で中材を受け止めるウエービングテープの傷みもありました。張替えと共にすべて差し替えています。張替え前の雰囲気を残しつつふっくらとした感じも元通りになり、大変喜んでいただいました。

 

お家の中に眠っていたお母様のドレーサー用だったと思われるかわいい形の小ぶりスツールの張替えです。起毛した赤い張地はシミが着き、経年劣化のへたりでぺたーとした感じになっていました。いろんな色を選べるNCシリーズの張地の中からピンクがかった赤色をお選びいただき、座も胴体も中材を入れ、ふっくらと仕上げました。本来持っていた感じに戻ったと思います。低いテーブルと椅子の暮らしのお茶の間で使われる予定です。置いていてもかわいいスツールになりました。

1 / 3123
お問い合わせはこちら 交通アクセス

福岡の家具修理倶楽部
<有限会社 ユーハウス・イング>
〒815-0037 福岡県福岡市南区玉川町5-6
TEL:092-554-8700 FAX:092-554-9900