無垢の木にこだわる

いろんな家具があふれている中で
あるとき一人の無垢家具職人と出会いました。

今まででこんなにモノ作りを楽しんで、家具を作っている人がいただろうかと・・・。

なぜ、こんなに楽しみながらものづくりができるのか知りたくて、何度も何度も
工房さんを訪れました。
訪れるたびに僕自身、木の魅力に引き込まれ、もっともっと木について知りたくなり
毎日毎日、木の素材について深く調べました。国産の木や外国の木、広葉樹から
落葉樹まで、そして、木が製材され家具へと作りあがっていくまでの流れや仕上にいたるまで
色々な木に関することをとにかく手当たり次第調べていました。

そしてまた、次に塗装の仕上げ方、作り手のこだわりなど・・・。調べれば調べるほど、
木の持つ素晴らしさに、ひきこまれていきました。





無垢がもつ生命力。
それは家具になっても息づいていることが感じられます。
突板といわれる木をうすくスライスしたものを合板などでは
感じられない奥底から感じる暖かさや、時間が立つほどに色が変っていくのも
無垢の木ならではの特徴なのです。


オイル仕上げにこだわる

そしてその無垢の木を出来る限り自然のままで私達の暮らしに入っていってもらうには
どんな仕上方がいいのだろうと模索しました。
そしてまた各地の工房さんなどで、どんな仕上げをしているか?と聞いたり見たりして
そして、私たちが選んだのは「オイル仕上げ」。
切ったそのままの木でいることを「生地仕上」といいますが、
日本には四季があり、季節によってはエアコンやストーブを使ったり、
テーブルとして使う場合には水拭きすることもあったりと、使い方によっては割れたり
反ったりしやすくなります。

そんなとき出合ったのが「オイル仕上げ」
木肌は人の肌と同じ。お風呂上りにそのまましているとちょっとつっぱたりするから
化粧水をつけますよね。だけど、化粧水は毛穴をふさいでしまうことはありません。
オイル仕上げも同じです。出来上がったばかりの無垢の木にしっかりと植物性のオイルをしみこませて
上げることによって、しっとりとした手触りだけでなく、木自体の呼吸もさえぎらず、
乾燥しにくくなるんです。


自分達の目で見たものの確かさにこだわる

お店で展示している家具や木の小物などは、必ず現地に行って、
本当に良いモノ作りをしているか、愛着が沸いてくるモノ作りになっているのか、
そんな目線で出合った家具ばかりです。



実際に作っている職人と話をしたり、その家具をデザインする人と会って話したり、
全国各地の同じ気持ちで販売する方と本音で話し、本当にこれだ!!と思うモノだけを
そろえております。


ホンモノの魅力とは??? デザインとは??? 食の安全といわれている時代だからこそ
いえる 家具の安全(満足感)=魅力+心地よさ+丈夫さ+納得感
私はこのことを、責任を持って伝えていこうと思います。
15年目のU-houseは、さらに「木」と「人」にこだわって挑戦していきます。

ホンモノの心地よさを提案するSHOP、U-house/ing。
お客様の満足のために、これからの時代に合ったよりよい暮らし創りのお手伝いを続けてまいります。