HOME>家具の上手な選び方


上手なダイニングチェアの選び方

ダイニングテーブルをお探しの時、私達は「まず、椅子から選んでください」と言います。
椅子は、座る人の性別や身長や体重、年齢で「心地よさ」が変わります。
そして、私達のお店でオーダーでお作りすることのできないものが椅子なのです。

人の体をしっかりと支えて、心地よいひと時を過ごせるためにはまず体に合った
椅子を選ぶことから始まります。

1.椅子の座面の高さと奥行

・足の裏が床についている状態で膝の裏が圧迫されていないか?
・椅子に深く腰掛けて、背もたれまでの奥行があまっていないか?
・何よりも、まず座った時に心地よいか?

2.椅子とテーブルの高さの関係

 まず、初めにテーブルの高さと椅子の座面の高さとの距離を「差尺」といいます。
 その差尺は一般的に差尺は、28cmから30cmくらいが適当です。
 椅子に座った時に、お茶碗をもってみてください。
 お店などで、お茶碗などがない場合は、お茶碗をもったイメージで。
 お茶碗を持ち上げる時に、不自然な手の角度になったりしないか
 というのも、参考にされてみてください。

3.アームの高さ
 
 椅子を選んで、いざテーブルに合せてみると肘がテーブルに入らない!ということが
 ないように、肘付の椅子を選ぼうと考えている場合、テーブルの下に納まるかどうかを
 チェックするのをお忘れなく!
 お持ちのテーブルに合せる場合は、床からテーブルの下までの高さ(幕板があるときは
 幕板の下までの高さ)を測ってきているといいでしょう。

4・椅子の幅
 アームの高さと同様に忘れないようにしないといけないのが、椅子の幅。
 脚間の幅と椅子の幅×並べたい椅子の台数+10cm〜30cm

 たとえば、4人掛けテーブルの脚間が135cmの場合、横並びに2脚ずつ椅子を
 おき、30cm前後の余裕をもたせるとすると、椅子の幅は50cm前後がすっきり
 納まる幅となります。
 この30cmという数値は、テーブルに付いて立ったり座ったりする時に
 隣の人や、テーブルの脚に引っかからずに出入りできる寸法なのです。
 この余裕をお忘れなく!


 

・家具の上手な選び方→ ダイニングテーブル   ソファ    
直接メールでもご相談いただけます。
ユーハウスイングへメールをおくる>>こちら