上手なダイニングテーブルの選び方

テーブルは、ただ単に食事をするためだけの道具ではなく、家族の団欒の場でもありパソコンや勉強をしたり
友人を招いてお茶をしたりなど、暮らしの中心にある家具なんだと思います。
そこでテーブルを選ぶ時のポイントを書いてみました。

 1.テーブル天板の大きさ
 テーブルの大きさは使う人の数とお部屋の大きさで選ぶことが大切です。
 食事をするとき、ひとり分として必要な大きさは幅60〜70cm、奥行40〜50cm。
 
 そうすると2人並んですわった場合は幅140cm前後のテーブルを選ぶことになりますが
 食事以外でも使えるように、ユーハウスではもう一回り大きいサイズをオススメしています。 
角テーブルの場合

家族が2人の時
幅:900〜1500(mm)
奥行:800〜900(mm)

家族が4人の時
幅:1500〜1800(mm)
奥行:800〜900(mm)

家族が6人の時
幅:1800〜2000(mm)
奥行:900〜1000(mm)

家族が6人の時
幅:2000〜2400(mm)
奥行:900〜1000(mm)

 
丸テーブルの場合
   

家族が4人の時
直径:1000〜1200(mm)

家族が6人の時
直径:1200〜1300(mm)

   
 
 次に、お部屋の大きさとのバランスをご説明します。
 人が座っている後ろを通る時に無理なく通るには約40cm〜70cmのスペースが必要です。
 また、椅子から立ち上がる時は、椅子の奥行プラス10cmの余裕が必要になります。
 

 テーブルの高さ
 テーブルの高さを決めるためには、合わせる椅子の座面の高さが関係してきます。
 テーブルと椅子の座面の差の「差尺」が、一般的に25cm〜30cmと言われています。
 座卓の場合、33cm〜35cm。
 ユーハウスにおいている椅子たちの多くは、座面高さが38cm〜43cmです。
 それに合わせるテーブルの高さは、69cm〜72cmをオススメしています。 
 しかし、一人ひとり身長や体重、性別などによっても「心地よい」と思う寸法は違ってきますので
 実際にテーブルと椅子を合わせて座ってみてください。

 また、テーブルとの心地よい高さを選ぶ時、お食事の時のおわんを持ち上げる動作や
 テーブルの上で書き物をする動作を試してみると、より分かりやすいです!
 おわんを持つ手の角度が「きついな」と感じたら、それはテーブルが高すぎるということ。
 書き物をする動作の時、背中が曲がったり、テーブルが遠く感じたらテーブルが低いということ。
 実際に、食器やフリーペーパーなどをご用意していますので、
 SHOPでのんびりと、立ったり座ったり、食事をするイメージなどをしながらお試ししてください。

 テーブルには幕板があるタイプと幕板なしのタイプがあります。
 幕板があるテーブルでは、実際に座って脚を組んだりしてみてください。また、アームがある椅子を
 合わせる場合は、椅子がテーブルに納まるかどうか確認するのをお忘れなく。

  また、椅子はお手持ちのものをお使いになられる場合、テーブルの脚を合わせてオーダーしたり
 カットしたりすることも可能です。スタッフにお気軽にお尋ねください。

 

 テーブルの脚の形状
 テーブルの脚は大きく分けて4本脚と2本脚の2種類。
 テーブルの幅と椅子を並べた時の空きスペースがあまりない場合は4本足の場合、出入りがしにくくなる
 可能性があるので、2本足をオススメしています。
 また、テーブルの短辺側に人が座る場合は4本脚のタイプのほうが脚が邪魔になりません。
2本脚のテーブル

 

 永く付き合っていくためのお手入れ

 ユーハウスのテーブルは無垢の木で体に害の無いオイルを使った仕上げをしています。
 そこで、永く使っていくためにはお手入れも必要になってきます。
 
 テーブルは、使う人々も大人から子供までと年齢も幅広く、食事をしたり勉強をしたりなど使う用途もさまざまです。
 だから、食べこぼしやコーヒーの輪染み、マジックやボールペンなどの汚れ、テーブルを水拭きしたりエアコンなどによる
 乾燥もあります。

 人の肌と同じで、乾燥したら化粧水と乳液で保湿してあげるように、テーブルも時々メンテナンスしてください。

 テーブルのお手入れ方法はこちらからテーブルのメンテナンス
・家具の上手な選び方→ ソファ  チェア
直接メールでもご相談いただけます。
ユーハウスイングへメールをおくる>>こちら